陪劭流について


 『陪劭流』は、久家 陪劭(ばいしょう)先生により、昭和8年に京都で興りました。
久家先生は楊心流の柔術家でありましたが、武術研究と普及の功績により、勲五等端宝章を承けられました。

 その中で沖縄剛柔流空手開祖の宮城 長順先生方と深い交流をもたれた結果、柔術に剛柔流空手を取り入れ、『陪劭流』を確立させました。

 その久家先生の高弟であられた、中村 義拳先生のもとで修業したのが、祐心会師範一同です。祐心会では、古流からさらに現代に適応した空手、誰でもできる、生涯武道としての空手を目指しています。






陪劭流七条教訓