祐心会について 




 

 昭和61年4月に日本空手道 陪劭流義拳館の尾西支部支部長に任命され平成10年3月末までの13年間を経て、その年の6月に三条神社境内の中にある練成館にて陪邵流、中村康人宗家・世界聖道流空手道拳勝会館、丸井聖峰宗家、両先生立会いのもと、祐心会として発足、道場開きを行いました

そしてその後一宮市立三条小学校でフルコンタクト制、いわゆる実戦空手を指導しています。

 空手のルールには他にも寸止め・硬式とありますが、その方式だと技ばかりが先行していくらうたれ強くても負けてしまいますし、精神力は二の次になってしまいます。

武道である以上、打たれれば痛いし、負ければ悔しい・空手を通じて強い精神力を養ってほしいと思います。しかし「強ければよい」という考えではなく、礼儀を重んじ、挨拶がしっかり出来る様にならなければなりません。


 今の世の中、子供達にとって怖い存在がそんなにいないと思います。きちんとすべき時とそうでない時の境目が分からないまま大きくなってしまう子もいます。だから、道場ではとことん厳しくします。最初は辛いかもしれませんが、親御さんからは、「空手を始めて、不登校だったのに学校に行く様になりました」とか、「大きな声でしっかり挨拶が出来る様になりました」との声を頂きます。空手を通して強い肉体だけでなく、強い精神力を養っていける様指導していきますので、今後ともご支援宜しくお願いします。

 
   日本伝空手道陪劭流祐心会  会長 舟越 祐治


【経歴】
    1983年 『日本伝空手道陪劭流 義拳館』入門
    1985年 『愛知県高校総体』優勝『沖縄インターハイ』出場
    1986年 『名古屋学院大学』進学
    1991年 『第1回世界硬式空手道大会』団体・個人 全日本代表
    1998年 『日本空手道祐心会』発足
    2002年 タイ・バンコクへ、ムエタイ遠征
    2007年 『国際伝統空手道連盟錬士号』取得
    2013年 『日本伝空手道陪劭流』7段允許取得
    現 在  会長として愛知県・岐阜県にて7か所の道場を開設して活動中。

    その他 日本空手道陪劭流主催 全日本空手道大会 
        愛知県空手道大会 名古屋市空手道大会 入賞多数